旅の荷物

日々、意味>新 2015.08.30 野本 哲平

八月も残すところあとわずか。今年も夏が終わろうとしていますが、各地に旅にでかけた人も多いのではないでしょうか。今回はそんな旅のハイシーズンにぴったりな「旅の荷物」の市場を調査をすることにしました。
振り返ると小学生の頃に金曜ロードショーでみたスタンドバイミーで、主人公の少年たちが毛布に荷物を丸め込んで旅に出るという、いままで自分が考えたこともないやりかたに痺れて以来、時代時代で旅の荷物や道具としてのかばん類を意識して過ごしてきたように思います。

 

〜民具木平の市場調査 第3回 旅の荷物 ” luggage ”(再編集短文版/Re-edit, Short ver.)〜

野本 哲平
野本 哲平
デザイナー。小2の時にファンタの蓋を背負ったエディットヤドカリに遭遇し衝撃を受ける。建築的な思考を軸にラジカセから木工、衣服から都市に至るまで生活への興味は縫い目無しに幅広い。2011年に現代民具のレーベル「民具木平」を開始。モノ・空間・建築系の仕事を生業とする傍ら、日々リサーチ活動に励む。illustration : Takeshi Tomoda

Related