アイスを食べたい気分を少しだけ充たしてくれるオブジェ

日々、意味>新 2017.08.15 加藤 孝司

夏になると、特に毎日アイスが食べたくなります。最近のお気に入りはほぼ毎日食べているコーヒー味のパピコですが、僕のアイスの定番といえばガリガリ君です。

ガリガリ君の何が素敵かといえば、通年食べることができるスタンダードなソーダ味のブレのない美味しさはもちろんですが、春夏秋冬、季節ごとにリリースされる限定味が豊富なこと。最近のヒットは中国地方への出張中に福山で食べた「贅沢いちご味」でした。これは食べてすぐに二本目を買いにお店に戻ったくらい、美味しかったです。早く東京でも食べられるようにならないかなあと、都内のコンビニを回る日々であることは言うに及ばません。

さて、目の前のテーブルの上に、アイスバーが一本あります。これはミルク味のアイスバーではありません。アイスバーのかたちをした彫刻です。作者は木工作家の西本良太さんです。前から友人のインスタなどで目にしていて、いつか欲しいなあとおもっていたもので、現在、目黒のCLASKA gallery & shop “Do”で開催中の西本良太さんの個展「ice pop」(8/20まで開催中です)で購入しました。

お腹をこわすと分かっていても、一年中いつでもアイスが食べたくなる僕。仕事をしている目の前のテーブルの上に置いていても、今にも溶け出しそうにないアイスは、僕のそんな気分を少しだけ満たしてくれます。そして少しエッジの効いた造型は、アートのように僕の思考をやわらかく刺激してくれる効果もあります。アイスから覗くバーの部分も優れた木工作家である西本さんらしく、まさにリアルな出来栄えです。

ちなみに、詳しくはまた後日ご紹介しますが、同じ展示でマドラーとしても使えるアイスバーのバーの部分が単体で販売されていたので、そちらも合わせて購入しました。仕事から帰った妻がテーブルの上に置いていたその木の棒をみて、何これ?と訝しげに言った顔が今でも目に浮かびます。

加藤 孝司
加藤 孝司
加藤孝司/かとう たかし
デザインジャーナリスト。東京は浅草生まれ。デザイン、クラフト、アートなどを横断的に探求、執筆。雑誌やウェブなどへの寄稿をはじめ、2005年よりはじめたweblog『FORM_story of design』では、デザイン、建築、映画や哲学など、独自の視点から幅広く論考中。休日は愛猫ジャスパーと過ごすことを楽しみとしている。

Related