根室で、WHITE LAND

日々、意味>新 2018.09.27 水島 七恵

写真家の高橋ヨーコさんの新刊写真集、『WHITE LAND』は、根室の風景も切り撮られている。初めてこの写真集を手にするタイミングが、根室滞在中だったことはとても嬉しかった。ページをめくると、高橋さんが約24年にわたって世界各地で撮影してきた白い世界が広がっている。どの風景がどの土地なのかを記すものはなく、よって受け手が想像し、確信を得るしかない。あ、あそこだ、ここも。と、あくまで私の主観だけれど、根室の風景を嗅ぎとる。
降り積もる雪は、音を吸収する。静寂のなか、まるで新雪のようにふわふわと立ち上がってくる風景に、私は暖かさを感じた。

 

WHITE LAND 高橋ヨーコ
出版社:ドロワー
1,000部限定、シリアルナンバー入り

*上の写真は、先日根室にて私が個人的に撮影したもので、写真集とは関係がありません。

Recommendあなたにおすすめの記事はこちら