酉の市

日々、意味>新 2015.11.30 野本 哲平

「酉の市」です。今年は「三の酉」まである年なので、11月29日の三の酉の日に浅草の鷲神社に行ってきました。二の酉が天気が悪かったのと、日曜日ということも相まってか、国際通りに出るとすでにもの凄い人だかり&行列が。厳重な警備と人混み、そして人々が頭上に掲げる「先に何かがついた棒」。この組合せはなにかに似ているなと考えを巡らせて気付いたのは、国会議事堂の前みたいだなあということだ。まるでプラカードをもったデモ。もしくは農具を手にした百姓一揆。正直プラカードはあまり持ちたくないけど、熊手はいいなと。プラカードを熊手に持ち変える、そんな仕事をしていけたらなと思いました。

〜民具木平の市場調査 第6回 酉の市 ” TORI NO ICHI ” (再編集短文版/Re-edit, Short ver.)〜

野本 哲平
野本 哲平
デザイナー。小2の時にファンタの蓋を背負ったエディットヤドカリに遭遇し衝撃を受ける。建築的な思考を軸にラジカセから木工、衣服から都市に至るまで生活への興味は縫い目無しに幅広い。2011年に現代民具のレーベル「民具木平」を開始。モノ・空間・建築系の仕事を生業とする傍ら、日々リサーチ活動に励む。illustration : Takeshi Tomoda

Related