真昼のような真夜中。今井智己氏の写真の前で。

日々、意味>新 2017.06.06 加藤 孝司

写真は光あるものにレンズを向けて、その光や像が写真機の暗い箱のなかを通り、フィルムやセンサーの中に記録され生まれたものである。

まるで昼間の光が夜の闇を経て、朝陽とともに再び現れるかのように。

人間が目の前のイメージを永遠にとどめたいと思うこと、あるいは、鮮烈なイメージを記憶にとどめてしまう性は、昔も今も変わらない。

大切なもの、愛おしいもの、不思議なもの、奇異なもの、もの珍しいもの、恐ろしいもの、楽しいもの、そんなものにまっすぐに目を向けること。

それこそが写真ばかりではなく、人間の根本的な欲求なのだろう。
東京、TOP MUSEUM、写真家今井智己氏の作品の前にて。

Recommendあなたにおすすめの記事はこちら

おすすめキーワード