本当に着たいボーダーシャツ

日々、意味>新 2017.02.20 水島 七恵
ボーダーシャツという衣服。その親しみやすさと定番感に甘えて、今まで本気で探して手にしたことはなかったかもしれません。G.F.G.S.に出合うまでは。G.F.G.S.はピュアオーガニックコットン100%のボーダーシャツを好きな配色(つまり単色も可能!)で、1着から作ることができる新潟県加茂市発のファクトリーブランドです。私の地元である新潟、それも母の実家のある加茂。今回、お仕事のご縁に恵まれて、G.F.G.S.を伝えるためのビジュアル冊子をディレクションさせていただきました。

G.F.G.S.のアイデンティティとは何か。
ディレクションすることは問いを立てることでもあって、この問いに対する答えを私は、新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)を拠点に活動するダンスカンパニーNoismをモデルに起用した撮影を試みることにしました。2004年春に創設されたNoismは、創設から現在に至るまで、ずっと国内唯一の公共劇場専属ダンスカンパニーとして、革新的な活動を行なっています。
既存の型を打ち破りながら、自分たちの型を作る振る舞いは、完全受注生産で、1着からオーダー可能な型を取るG.F.G.S.のマインドに近しいものを感じました。自分たちの道を突き詰めていくという攻めの姿勢。活動のフィールドは違っていても両者の根底に流れているものはきっと繋がっている。そう信じながら、「街は踊る。」をテーマに、いわゆるファッションカタログという言葉では片付けられない何か違う手触りのしたもの、それは「The first G.F.G.S. archive in 2017」の制作につながりました。

 

 

この撮影におけるボーダーシャツのスタイリングは、スタイリストの田中美和子さんに依頼。すると田中さんのアイデアがきっかけとなり、G.F.G.S.に新しいライン、PLAY drop shoulderが生まれました。心地よいアイデアの連鎖が、より多くの人たちにG.F.G.S.を知っていただくきっかけになっていたら、何よりだなあと思います。

 

まずは1着、ぜひ試してみてください。

 

写真:高橋マナミ スタイリング:田中美和子 ヘアメイク:廣瀬瑠美
エディトリアルディレクション:水島七恵 アートディレクション:清水将司

 

 

水島 七恵
水島 七恵
編集者。新潟生まれ。人の営みから生まれる文化全般を思考領域としながら、雑誌やウェブメディアを中心に、企画とディレクション、執筆を行う。最近の仕事に「TOKYO PAPER for Culture」(vol.01〜vol.16)の編集ディレクションと執筆、雑誌「リンネル」(毎月20日発売)でのシネマレビュー執筆などがある。自分の原点は、音楽。最近目覚めたことは、筋トレ。私にとって編集とは世界の見かたを増やす手段だと思っています。

Related

おすすめキーワード